トスカーナ・チェルタルドからの櫻だより

群馬県甘楽町と姉妹都市であるトスカーナ・チェルタルド。
『デカメロン』の作者、ボッカッチオの生誕の町として有名です。
チェルタルドに住む本会会員・稲葉美代子さんより、心温まる櫻便りが届きました。

甘楽町はチェルタルド市と文化、教育、経済交流を通じて長年親交を深めていますが、稲葉さんは、この甘楽町のチェルタルド海外駐在事務所所長であられます。

稲葉さん、お便りをありがとうございました。

===================================

 

厳寒の冬を乗り越えた櫻子の生命力

チェルタルドの風景(写真:稲葉美代子)

日伊櫻の会会員の皆さまこんにちは。

早いもので暦も三月半ばとなりました。私が暮らすイタリアトスカーナ州チェルタルド市では、いつの間にか周辺を囲む丘陵地が一面淡い緑色の草に覆われ、また桃や杏の花々が満開となり春を満喫できる今日この頃です。

そんな中、以前様子をお伝えさせて頂きました櫻子の様子を見に行って来ました。
枝のあちこちから顔を出した緑色の葉々が開いていて、その姿に心から深い感動を覚えました。新しい命の芽吹きのように思えてなりません。また幹や枝も少し太く丈夫になったように感じました。冬眠していたのに不思議です。

年明けより、連日最低気温がマイナス15度を超えるような例年にない極寒の冬となりましたゆえ、大変厳しい寒さに耐え負けずにそれを乗り越えた櫻子の強い生命力。
本当に勇気づけられる私です。

もしかしたら花が咲くかもしれないというほのかな期待を抱いておりますが、そんな夢が叶う日が来ることを願うばかりです。

 

在イタリア・チェルタルド市

日伊櫻の会会員 稲葉美代子

 

櫻子が寄贈されているプレトリオ宮殿(上記写真全て撮影:稲葉美代子)

 

チェルタルドからの櫻便り

トスカーナ・フィレンツエ県のチェルタルド市在住の本会会員・稲葉美代子さんより、櫻便りが届きました。皆様、是非、お読みください。
稲葉さん、ありがとうございました!

 

********************************

心を繋ぐ櫻 ~イタリア・チェルタルド市で育つ一本の苗木~

皆さま初めまして。

日伊櫻の会会員としてお世話になっております稲葉美代子と申します。

イタリア・トスカーナ州フィレンツェ県にあるチェルタルド市に在住しております。

中世の文豪、ボッカッチョ(BOCCACCIO)ゆかりの地であり、小高い丘の上には彼の家や中世時代の面影を今に伝える旧城郭集落が残る歴史豊かなまちですが、そこに一昨年、日伊櫻の会様より1本の櫻の苗木が寄贈されました。その櫻子の様子を皆さまにお伝したいと思います。

櫻子は、旧城郭集落にある14世紀に建てられた、当時の自治都市国家時代の行政・司法庁であったプレトリオ宮殿内にある庭に植樹されました。その庭には、チェルタルド市と1983年より姉妹都市交流を続ける群馬県甘楽町から1993年姉妹都市提携10周年を記念し贈呈された日本のお茶室「甘楽庵」が建っています。

櫻子に込められた願いや希望を心に想う度、この大地に根をしっかり張りこれからも順調に育って欲しいと祈るばかりです。これまで猛暑や度重なる困難な状況下に見舞われましたが、それに負けずに耐え忍び、頑張って生きている櫻子の姿を見るたびに元気と勇気をたくさん貰っている私です。

今年の夏も昨年同様厳しい暑さに見舞われましたが、私と共に水やり等のお世話を懸命にして下さったプレトリオ宮殿の管理人さん達のおかげで、無事に乗り越えることができました。今は冬眠中ですが、先日様子を見に行きました折り、不思議と幹が少し太く丈夫になったような印象を受け、枝からたくさん出ている芽にも力強さを感じました。次期に備え力を蓄えているようです。

私と渡部会長様をはじめ、日伊櫻の会の皆さまを繋げてくれた大切な櫻子の成長を今後も見守っていきたいと思っております。

チェルタルド市は、フィレンツェからシエナ行きの電車で1時間弱の距離です。

イタリアにお越しの際はぜひお立ち寄り下さいませ。日伊友好と心を繋ぐ絆の証、シンボルである櫻子の姿をご覧頂けましたらと願います。

皆さまのお越しを櫻子共々お待ち申し上げます。

在イタリア・チェルタルド市

日伊櫻の会会員 稲葉美代子