VIVID MEISEN展が開幕しました。

「VIVID MEISEN展 la sfavillante moda kimono moderna」(ローマ日本文化会館・足利市立美術館主催)が、先月下旬にローマ日本文化会館で開幕を迎えました。


日本の近代化と共に生まれた着物「銘仙」は、20世紀初頭から半ばまで全国的に大流
行したものですが、近年においても、その鮮やかな色彩、大胆なデザインと技法から、日本国内のみならず各国から関心が寄せられています。
本展では、「銘仙」の中でも特に色彩豊かで自由な表現が見受けられる作品を中心にご紹介することにより、急速な日本社会の変化の中で育まれた銘仙を通じて当時の日本の庶民の活力、日本社会の活気をお伝えすることを目的としています。

本展におきましては、本会は協力という形で参加させていただきました。
開幕日の前日、4月21日(木)に行われたプレス向けの内覧会では、イタリアの主要メディアの方々やアート業界のブロガーの方々から銘仙の時代背景や技術などについて、多くの取材を受けました。


(右側より高須館長(ローマ日本文化会館)、大森館長(足利市立美術館)、新井先生(桐生織塾・繊維技術研究者))


イタリアの主要ニュース番組TG2の取材を受ける大森館長(足利市立美術館)

また4月22日(金)に行われた一般の方々向けの内覧会では、実に70名ほどのイタリアの方々がギャラリートークにご参加くださり、大変熱心に銘仙をご覧くださいました。

また、この展覧会に合わせてデザイナーの前島淳也氏が、E・V・Eコミュニケーションズグループとのコラボレーションワークとして、銘仙生地を使ったオリジナルワーク・銘仙スツール”orico”を発表しました。銘仙のアンティーク生地を使用し、お椀型のスツールを作成しました。こちらも、イタリアの方々から様々な興味深いコメントをいただくことができました。

ギャラリートークの後に講堂にて行われた講演会「モダニズム着物:銘仙の時代とデザイン」(登壇者:大森哲也館長(足利市立美術館)、新井正直氏(桐生織塾))には、会場が満席となる160名ほどのイタリアの方々がお越し下さり、いかに着物文化、銘仙文化がイタリアの方々にとって関心深いものとして存在しているのかが分かりました。

近年、イタリアをはじめヨーロッパでは日本文化が大流行しています。

展示会場であるローマ日本文化会館は、イタリア・ヨーロッパに日本文化を発信する場所として作られましたが、その建築は1962年に吉田五十八が設計した日本建物です。ヨーロッパの石造りの重厚な建築に日本建築が競い合えるようにするためか、一つ一つの柱も太く、天井も広い、巨大な空間となっています。
また、その建築に並んで日本庭園が広がっていますが、こちらは中島健によって設計されたとのことです。

実は今、この庭園見学がローマっこだけでなく、イタリアで大流行しているのです。
展示の準備期間中も、朝からひっきりなしにイタリア人の方々がローマ日本文化会館を訪れますが、その方々は庭園見学を予約された方々だそうで、いかに日本文化が注目されているのかを痛感しました。
こうした日本文化が今熱い視線で世界から注目を集める中で、VIVIDで、かつ前衛的なモダンな着物銘仙を海外で初めてきちんと紹介する展覧会となりましたが、本展覧会がいかにイタリアの方々に受け取られ、どのような反応を引き起こすのか、興味深く、今後とも継続的に調査していく所存です。

皆様、ローマにお出での際は、6月4日まで開催されているローマ日本文化会館・VIVID MEISEN展に、是非お越しください。

VIVID MEISEN   La sfavillante moda kimono moderna 
22 aprile- 4 Giugno 2016

Organizzazione: Istituto Giapponese di Cultura in Roma, Ashikaga Museum of Art
Supporto: città di Ashikaga, Isesaki e Chichibu con Ashikaga Textile Association, Chichibu Meisen Association
Collaborazione: Collaborazione: Laboratorio tessile Kiryu(Yoshiko I. Wada Collection e Kazuo Muto Collection), Haruo Hashimoto, Kazue Kimura, Associazione dei ciliegi italo-giapponese.
Planning: E・V・E Communications Group Co. Ltd.

Giappone anni 20: nasce il kimomo prêt-à-porter, di fattura meisen tinto in filo, che fa bella mostra di sé nelle vetrine dei grandi magazzini, per la donna moderna, che non ha paura di osare indossando colori e motivi dirompenti, in auge fino agli anni Cinquanta e oggi oggetto di rinnovato interesse.

ローマ日本文化開館 VIVID MEISEN展HP
http://www.jfroma.it/index.php?option=com_content&view=article&id=343:vivid-meisen&catid=1:mostre&Itemid=150&lang=ja 

 

CHA WA NIGHT Vol.2を開催しました。

先日、2月1日(月)に、日伊櫻の会では「CHA WA NIGHT Vol.2」を開催いたしました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

「努力をすれば夢は叶う」という活動理念を掲げる当会では、「CHA WA NIGHT(チャワナイト)」を、ユニークな活動をしている、また今後したいという櫻の会会員メンバーにピッチをしてもらう場として設けています。

テーマは、”語っチャワナイト!”
ピッチメンバーのアイディア発表を受けて、様々な世代が集まる参加者全員でそれを積極的に考えて、ディスカッションし、夢を応援していこうというものです。

この度、CHA WA NIGHTは2回目となりますが、たくさんのディスカッション・意見交換が生まれました。また今回はディスカッションのファシリテーターを、本会会員の元NHKアナウンサー・野中美木子先生がして下さいました。
今回ディスカッションされたテーマは  ↓↓

 

ブロックパーティーというアメリカ発祥の新しい地域活性の形とは。(多田さん)

 

イタリアの食文化から学んだ、”土産土法”という考え方。(石田さん)

 

エディブルルフラワーという新しい食文化をどう根付かせていくか。(小椋さん)

 

三味線演奏をしながら世界を旅して見えてきた、「踊り」という文化。(中田さん)

 

今回は様々な発表内容の中にも、共通するものがたくさんありました。
それは”文化”という視点です。

新旧の”文化”というものの大切さに、 若い世代が感じはじめているという手応えを感じました。

文化とビジネスをどのように融合させていくか。この問いは、難しくもありますが、同時に、今後の社会いおいては、より大切になってくる観点ではないかと思います。
こうした領域について深まれば、何か新しい イノベーションが生まれるのではないかなと感じた今回のチャワナイトでした。

 

日伊櫻の会では、チャワナイトにピッチメンバーとして参加してくださるメンバーを随時募集しています。
大きくても、小さくても、夢は語っちゃわないと。
自薦、他薦を問いません。是非、みなさんに知ってほしいことなど、大いに夢を語っちゃってください!!

 

 

CHA WA NIGHT vol.2 2/1 mon 19:00-

CHA WA NIGHT vol.2 2/1 mon 19:00-

 

大きくても、小さくても、夢は語っちゃわないと(CHA WA NIGHT)!!!
CHA WA NIGHT(チャワナイト)とは、してみたいこと、やりたいこと、好きなこと、やっていること、知ってもらいたいこと、を語る場です。 ユニークな活動やビジネスをしている人たちにピッチしてもらい、次のステップに繋げるため全員でディスカッションもしてもらいます。

CHA WA NIGHT 3 つのルール

1.1人 10分間のピッチ。ベルが鳴るまでピッチメンバーは、自分のやりたいこと、これからやりたいと 思っていることを自由にピッチします。

2.ピッチ終了後、CHA WA NIGHT 参加者全員で 10 分間のフィードバック & ブラッシュアップをします。 どうしたらもっと良くなるか、夢を現実化するための NEXT STEP を全員でディスカッションします。

3.フィードバック、ブラッシュアップは「否定語を使用しない」「自分だったらどうするか」という視点でお願いします。

 

CHA WA NIGHT PITCH MEMBER (ピッチメンバー)

1.石田 大 (イシダ ダイ):株式会社Di Grande 代表取締役
”地産地消”ではなく”土産土法”という新しい考え方について

2.多田 亮彦 (タダ アキヒコ):ブロックパーティー神田駿河台(仮)代表
神田駿河台でのブロックパーティーの構想について

3.小椋 奈都美 (オグラ ナツミ):エディブルフラワー・マーケティングプロデューサー エディブルフラワーの可能性について

4.中田 勇人 (ナカダ ハヤト):教員・民謡研究
日本の民謡について

プロデューサー&ナビゲーター  小椋 奈都美

=========================================================
CHA WA NIGHT vol.2

日時 : 2016 年 2 月 1 日(月)  19:00 OPEN
会場: レキシズルスペース( 千代田区神田駿河台 3-3 EVEビル 3F ) 
*今回のイベントは、EVEビル4階ではなく同ビル3階です。ご注意ください。
エントランスフィー : 1,500円(ワンドリンク付)

連絡先: TEL 03‐3293‐2012(代表) E-mail info_ciliegi@nichii-sakura.com

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

皆様のご協力のもと、当会の櫻が寄贈されているイタリアの各自治体の櫻達も、元気に成長しております。今後とも当会は、日伊の異文化交流のために、活動していく所存です。

また、いよいよ今年は、本会が企画運営において携わっているイタリアでの銘仙(絹織物・着物)展の年となりました。

ローマ日本文化会館にて4月21日(木)より6月4日(土)まで「VIVID MEISEN」展(足利市立美術館・ローマ日本文化会館主催)が開催されます。イタリアへお越しの際は、是非ローマへお立ち寄りください。

つきましては、本年も変わらぬご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。皆様方にとりまして、素晴らしい年となりますよう祈念申し上げます。

平成28年 元旦

日伊櫻の会
 
art direction & design:  Junya Maejima (Nippon Design Center)

 

小澤真智子 ヴァイオリンリサイタル with 松村牧亜

本会の会員・小澤美智子様からのお知らせです。

ニューヨークを拠点に活躍しているヴァイオリニスト小澤真智子さんのリサイタルが市ヶ谷を始め、日本で開催されます。

是非、情緒豊かで情熱的な真智子さんのヴァイオリンの音色を、生でお楽しみください!

~ NYの風シリーズvol.3 ~ M2DUO

2015年11月24日(火)19:00~ (18:30開場)
ルーテル市ヶ谷ホール
全席自由 4,000円

チケットお問い合わせ:
MO MUSIC 企画 0467-44-1443 / Email: mo_music_planning@yahoo.co.jp

イープラスでもお求めになれます

 

CHA WA NIGHT を開催しました!

先日の11月12日(木)、日伊櫻の会にて「CHA WA NIGHT Vol.1」を開催いたしました!

城戸さんのプレゼンテーション

PICMENT 西田さんのプレゼンテーション

CHA WA NIGHTとは、「してみたいコト、やりたいコト、好きなコト、 やっているコト、知ってほしいコト、大きくても、小さくても、 夢は語っちゃわないと(CHA WA NIGHT)!)」 というコンセプトのもと、桜の会会員のメンバーが、自分の夢や目標、ビジネス、活動など、それぞれが語りたいテーマで発表するというピッチイベントです。
第一回目となる今回は、会員の若者6名が 発表しました。

エディブルフラワー(食用のお花)を日本に広めたい、移動販売で自分のビジネスを築きたい、将来マイホームを持つためビジネスを展開していきたい、音楽療法を広めたい、など、ユニークなテーマで熱く語って頂きました。

発表のあとにはそれぞれ5分間の時間が設けられ、その夢や目標を次のステップに繋げるためのディスカッションが行われました。多様なキャリアを持つ桜の会会員のメンバー同士や、また今回初めてご参加頂いた方たちから、様々なアドバイスや意見が交わされました。 ご意見くださった方は、実に20代から80代までと幅広い世代の方々でして、それぞれの経験を踏まえた上でのアドバイスは、若者メンバーにとっては大変意義あるものになったかと思います。

CHA WA NIGHTは、参加者も一緒に考えディスカッションをするという新しい試みでしたが、世代を超えたメンバー同士のコミュニケーションが生まれ、メンバー同士で紹介し合ったりと、横の繋がりも生まれ、発表者、参加者から賛同の声を多くいただきました。


今回のプレゼンテーターと運営メンバー

CHA WA NIGHTは、今後とも桜の会にて定期開催していきたいと思います。 次回の第2回目の開催は来年1月を予定しております。自分の夢や目標、知ってほしいコトなど、語りたいことがある方を大募集中です!

我こそは!という方、是非お気軽に本会までご連絡ください。

企画プロデューサー  小椋 奈都美 (日伊櫻の会会員)

KIAN ART GALLERYからのお知らせ

本会の石川季世乃さんのギャラリーKIANより、新しい展示会のお知らせです。

「JEWELRY EXHIBITION  ~YUKIKO MATSUDAIRA~」

開期:9月28日(月)〜10月3日(土)
11:00〜18:00 (初日は12:00〜、最終日17:30迄)

住所:東京都目黒区自由が丘1−3−21 2F KIAN art gallery
TEL :03-5731-6980

URL:http://www.kian.co.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

KIANはとってもモダンでおしゃれなギャラリーです!!

様々なジャンルの新進気鋭アーティストを紹介しています。今年5月にも、本会メンバーで遊びに伺いました。
その時の展示は、本濃研太さんのダンボール彫刻展でした。
230cmのダンボールで出来たヒグマに、一同びっくり、圧倒されました!
ヒグマだけれど、つぶらな瞳でかわいいです・・・・

展示の後は、キアンビル1Fのベルギー料理”LIBERTA”さんにて乾杯でした!
様々なベルギービールがありました。

自由が丘にお越しの際は、ぜひギャラリーKIANさんへお立ち寄りください。

夏の夜の集い2015~暮らしの美学~

 “暮らしの美学ースイス・イタリア語圏の山岳集落・日本の美・ベンガラの魅力

 

暑中お見舞い申し上げます。連日厳しい暑さが続きますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。日伊櫻の会は来る27日(木)に 「夏の夜の集い2015」を実施いたします。今回のテーマは“暮らしの美学”です。

本会会員の建築家・藤本幸充先生は鎌倉で設計事務所を営みながら、各地の建築に学び、歴史的建築や素材を現代的に再利用することを実践されています。
今回のご講演では、これまで先生が視察されたスイス・イタリア語圏の素朴な山岳集落から京都、倉敷の町屋など日本の歴史的建築について写真などを交えながら紹介していただき、それらから見いだされる日本の美のあり方、そして藤本先生が近年注目されている素材ベンガラの魅力と暮らしへの取り入れ方について、楽しくお話しいただきます。

また当日は、“暮らしの美学”というテーマのもとに、皆様へのお料理におきまして”美”を取り入れご提供いたします。食べられるお花(エディブルフラワー)専門店「table」とコラボレーションし、お花を使用した涼しげなお料理を種々ご用意いたします。


( 写真はイメージです。提供:table )

こちらも是非楽しみにお出でください。

講演者プロフィール


藤本  幸充 先生
株式会社鎌倉設計工房代表取締役・一級建築士
1950年鎌倉生まれ。日本の伝統的なすまいの良さを活かし、陰影の美しさを大事にした建築を数多く手がける。神奈川県建築コンクール等にて多数受賞。

ナビゲーター:多田亮彦 (元建築雑誌編集者)

 

日時:2015年8月27日 (木) 18:30~ オープニング
19:00~ 開始
21:30  クロージング

場所:日伊櫻の会事務局(千代田区神田駿河台3-3EVEビル4F)

エントランス料金:3000円 (フード&ウェルカムドリンク1杯付)

連絡先:03-3293-2012 (代表)    info_ciliegi@nichii-sakura.com

 

 

Sakura&Art in Italia~櫻視察報告会~

日伊櫻の会は、4月上旬にイタリアに植樹した櫻たち約650本の視察を実施しました。今回は、その視察の報告会を実施します。また、視察報告と共に今回の各地域訪問で発見した、それぞれのイタリア地域面白いエピソードも交えながら紹介致します!

更に、本会の活動の一つの軸である「子供達のための芸術交流」という視点から、今回実施したレッジョ・エミリアの教育アプローチについての視察報告も合わせて実施します。
この報告は、この度視察に同行した本会会員・吉田ゆりあさんに行なって頂きます。吉田さんは今回の報告後渡英し、児童文学研究をロンドンで実施します。

上記のような内容をもとにしながら、お越しの皆様にて楽しく交流して頂く場にしたいと思います。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

講演者:吉田 ゆりあさん プロファイル

青山学院大学文学部卒。在学中より音楽演奏奉仕活動や、NYでの美術館巡りなどを通して、日本と西洋のつながりを模索する。卒業後、The Art Students League of New York、Denison UniversityでのArt留学や日本語・日本文化教師をしたことをきっかけに、芸術教育に興味を持つ。日本では幼児芸術教育を勉強しつつ、バイリンガル幼児園にて英語を教える。
ロンドン大学ゴールドスミス教育学部児童文学学科留学を控えており、ルイスキャロルを中心に英国児童文学や教育等を研究予定。パリにある国連ユネスコ本部のお庭でコンテンポラリーなお茶会を開くことが夢。

日時:2015年5月20日 (水)

18:00~ 開場
18:30~ 報告会スタート (~20:00)
21:00   閉場

場所:日伊櫻の会事務局
千代田区神田駿河台3-3EVEビル4F

エントランス料金:1000円 (ワンドリンクチケット付)
*軽食と飲み物を販売致します。

連絡先:03-3293-2012(代表) info_ciliegi@nichii-sakura.com

Firenze, San Donato公園への植樹

今月、4月9日に日伊櫻の会がフィレンツエ市に寄贈しておりました櫻のうち30本が、サンドナート公園に新たに植樹されました。

サンドナート公園は、サンドナート地区という、フィレンツエでの再開発が行なわれているエリア内に位置します。
サンドナート地区は、フィレンツエ旧市街から空港へ行く途中にある新しい公園です。

上記写真は、左側が庭師のジョルジョさん。中央がサンドナード公園・庭師ジュリオさん。右側が本会会員であられるフィレンツエ市在住の中川章子さんです。

フィレンツエ市をはじめとし、イタリアに植樹された櫻達のケアにおいて、
中川さんには長年、様々なお力を頂いております。本当にありがとうございます!

また、San Donato公園の植樹におきましては、EVEコミュニケーションズグループの現地法人(フィレンツエ市)の公認会計士であられたペコリ先生、バルバラさんに大変ご尽力頂きました。
お二方には心より御礼申し上げます。

中川さんによると、櫻たちも現在は、櫻の種(赤い実)を少し付け始めているそうです。フィレンツエの土地でもすくすく元気にしているようで、大変嬉しく思います。
サンドナート地区に新たに植樹された櫻たちが元気に成長し、フィレンツエ市民の皆さんに愛されることを、本会も願っております。

また、ゴールデンウィークの連休あけには、4月のイタリア視察のご報告会を、本会事務所にて実施したいと思っております。

また上記につきましては追ってご報告致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。