佐野藤右衛門先生 国立でご講演

本会がイタリアに寄贈している櫻子ちは、すべて実生櫻(種から育てた櫻)ですが、その親にあたる桜たちは、多くが国立市の桜たちです。毎年春、国立市は、街いっぱい大木の桜の花弁に包まれ、やさしい桜色に染まります。

今月はじめ、国立の老舗酒店・せきや様主催により、京都の造園業「植藤造園」当主の佐野藤右衛門先生の講演会が国立で開催されました。日伊櫻の会では、本講演会のオーガナイズをお手伝いさせていただきました。

 

 

佐野藤右衛門先生は、桜守として、全国各地の名桜・老桜の調査研究をされ、
多様な桜の品種の育成と保護に大変尽力されてこれらた方です。
また桂離宮や修学院離宮などの整備を手がけるほか、イサムノグチが設計したパリのユネスコセンターの造園に携わるなど、国内外において多くの功績を残されてこられました。

今年、国立市が市制50年を迎えることを記念して、せきや様が、古都・京都から「祇園枝垂桜」と「平安神宮紅八重枝垂桜」を国立へ植樹したご縁で、桜守・16代佐野藤右衛門さんと国立とのご縁が生まれました。


国立に植樹された「祇園枝垂桜」

国立市の桜たちは現在大変美しく咲いていますが、佐野先生によれば、かなりのご高齢の桜たちだとのこと。桜には、年を重ねたからこそ出せる魅力があるといいます。
その美しさは、色気ではなく、色香。若々しいときに発しているような魅力ではなく、時を経たことによって放たれる香りたつ美しさが、姥桜にはあるとお話しされます。

しかしながら、国立市の桜たちが、あと何年花を咲かせ続けてくれるかは、喫緊の課題とのことです。現在の桜の美しさを楽しむだけでなく、今から、次の世代のことを真剣に考えていかなければならない、というお言葉をいただきました。

講演会には多くの市役所職員や議員の方々、また本会会員の国立桜守の大谷和彦さんもいらっしゃり、国立の桜たちを今後どうしていくか、真剣に考える場となりました。

右:国立桜守・大谷和彦さん

素晴らしいお話しを聞かせてくださった佐野藤右衛門先生、本当にありがとうございました。

 

シエナの櫻子

東京の櫻も満開を迎えて、新しい出会いが訪れる季節となりました。

さてそんな美しい季節の折に、フィレンツエ在住の本会会員・中川章子さんより、また嬉しい櫻便りが届きました。

フィレンツエの南に位置する美しき古都・シエナの櫻子たちの様子を写真でお送りくださいました。

 

本会が寄贈している櫻たちは、日本の櫻の実生櫻ですが、実生なので様々な品種の櫻子達が生まれます。

こちらの櫻は、白とうっすらとした紅色の花弁が、美しく優雅に咲いています。これからますます、すくすくと育って、イタリアの方々を喜ばせてほしいものです。
章子さん、お写真ありがとうございました。

 

 

シエナの櫻子たちの様子については、4年前にも一度紹介しておりますので、是非お読みください。写真を比較すると、いかに櫻たちが成長したのかがわかります!記事はこちらから →→「イタリアの櫻子たち SIENAから

Pocket Orchestralで本会が特集されました。

多摩エリアに広く配布されている文化情報誌「Pocket Orchestral」。地域づくり発展のためにと、東京都国立市の老舗酒屋SEKIYA様が発行しているフリーペーパーです。
この度、春号(3月発行)Pocket Orchestralに、本会の渡部会長と西村副会長の対談が掲載されました。

本会がイタリアに寄贈している櫻の原木となっている木々の一部が、国立市の桜であることに因んでの特集です。

渡部会長と西村副会長が、イタリアへの思い、またイタリアから日本のまちづくりが学べることなどについて対談しています。

その他、本会の桜が寄贈されているトスカーナ・ルッカ市からは、ルッカの桜守をしてくださっているルッカ・イタリア料理学院校長のジャンルーカ・パルディー二先生がコメントを寄せてくださいました。

さらに今回の春号は、イタリアに国立市の桜の子孫が渡ったことを記念して、
イタリア(ローマ)在住で、本会を応援してくれている国際的に活躍するイラストレーター・絵本作家のGianluca Foliさんに描き下ろしていただきました!!

国立のシンボルの鳥であるシジュウカラが、桜の木にとまって春の訪れを告げるという柔らかなイメージです。
このイメージの上に描かれた書は、SEKIYAの関喜一社長直筆ですが、とても美しく桜のイラストとマッチしています。

Pocket Orchetral全ページは、下記のURLからPDFデータ(高画質)もご覧いただけます。http://goto.world.coocan.jp/po/02.pdf

Pocket Orchestralでは、国立市大学通の櫻の歴史や、桜にまつわるお酒の特集など、盛りだくさんな内容になっております。
是非、ご一読ください!

 

 

 

 

フィレンツエからの櫻便り

春の柔らかな日差しが感じられるようになった昨今、
フィレンツエの本会会員・中川章子さんから、嬉しい櫻便りが届きました。

フィレンツエでは、最近、春の花が一気に開花しはじめたそうです。
そんななか、本会から寄贈した櫻が植えられているサンドナート公園でも
櫻たちが多くの蕾をつけており、すでに3本の木は花がほころび出していたようです。
櫻の写真もお送りいただきました。

昨年より1週間近く早いペースだということです。
日本からも少し早い開花になりました。

フィレンツエの櫻も満開になることが楽しみです。
章子さん、お便りありがとうございました!

 

チェルタルドからの櫻便り

トスカーナ・フィレンツエ県のチェルタルド市在住の本会会員・稲葉美代子さんより、櫻便りが届きました。皆様、是非、お読みください。
稲葉さん、ありがとうございました!

 

********************************

心を繋ぐ櫻 ~イタリア・チェルタルド市で育つ一本の苗木~

皆さま初めまして。

日伊櫻の会会員としてお世話になっております稲葉美代子と申します。

イタリア・トスカーナ州フィレンツェ県にあるチェルタルド市に在住しております。

中世の文豪、ボッカッチョ(BOCCACCIO)ゆかりの地であり、小高い丘の上には彼の家や中世時代の面影を今に伝える旧城郭集落が残る歴史豊かなまちですが、そこに一昨年、日伊櫻の会様より1本の櫻の苗木が寄贈されました。その櫻子の様子を皆さまにお伝したいと思います。

櫻子は、旧城郭集落にある14世紀に建てられた、当時の自治都市国家時代の行政・司法庁であったプレトリオ宮殿内にある庭に植樹されました。その庭には、チェルタルド市と1983年より姉妹都市交流を続ける群馬県甘楽町から1993年姉妹都市提携10周年を記念し贈呈された日本のお茶室「甘楽庵」が建っています。

櫻子に込められた願いや希望を心に想う度、この大地に根をしっかり張りこれからも順調に育って欲しいと祈るばかりです。これまで猛暑や度重なる困難な状況下に見舞われましたが、それに負けずに耐え忍び、頑張って生きている櫻子の姿を見るたびに元気と勇気をたくさん貰っている私です。

今年の夏も昨年同様厳しい暑さに見舞われましたが、私と共に水やり等のお世話を懸命にして下さったプレトリオ宮殿の管理人さん達のおかげで、無事に乗り越えることができました。今は冬眠中ですが、先日様子を見に行きました折り、不思議と幹が少し太く丈夫になったような印象を受け、枝からたくさん出ている芽にも力強さを感じました。次期に備え力を蓄えているようです。

私と渡部会長様をはじめ、日伊櫻の会の皆さまを繋げてくれた大切な櫻子の成長を今後も見守っていきたいと思っております。

チェルタルド市は、フィレンツェからシエナ行きの電車で1時間弱の距離です。

イタリアにお越しの際はぜひお立ち寄り下さいませ。日伊友好と心を繋ぐ絆の証、シンボルである櫻子の姿をご覧頂けましたらと願います。

皆さまのお越しを櫻子共々お待ち申し上げます。

在イタリア・チェルタルド市

日伊櫻の会会員 稲葉美代子

 

 

VIVID銘仙-煌めきのモダンきもの-

日伊国交樹立150年を記念してローマで今年4月にて開催したVIVID MEISEN展。
日本の大衆絹織物、銘仙をはじめて海外で大々的に紹介した展覧会でした。
現在、銘仙の産地、足利の市立美術館にて、凱旋展が行われています。
ローマ同様、EVEコミュニケーションズグループで企画運営の協力を行っています。

銘仙は、大正から昭和前半期に大流行した絣着物で、斬新なデザイン、鮮やかな色、しかも庶民の手の届く値段で圧倒的な人気を博しました。
休日におしゃれをして街を闊歩する「職業婦人」―銘仙は、当時の自立を夢見る女性のファッションであり、「大正ロマン」「昭和モダン」を表現する重要なアイテムでもありました。

今、再び銘仙が海外からも注目されています。それは、高級でなく大衆着、伝統でなく近代織物、繊細でなく大胆デザイン……など、数えきれない銘仙の魅力が多くの人に知られてきたということです。
そして銘仙は、その鮮やかな色彩と斬新なデザインで、半世紀以上経った今日でも、私たちを魅了し続けています。

和と洋の美が織り交ぜられたモダンきもの”銘仙”の煌めきを、美しき古都足利にて、身体中でご堪能ください!

 

 

VIVID 銘仙 ー煌めきのモダンきものー

足利市立美術館 2016年10月22日(土)~12月25日(日)

自由曲線による構成模様銘仙着物 昭和10年頃 桐生織塾

展覧会情報

「 VIVID MEISEN – 煌めきのモダン着物 – 」
会期|2016年10月22日(土)から12月25(日)
開館時間|10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日|月曜日 ※11月21日(月)は開館 ※11月4日(金)11月24日(木)は休館
観覧料| 一般700(560)円/高校・大学生500(400)円/中学生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金
主催|足利市立美術館
後援|伊勢崎市、秩父市
協力|(一財)足利織物会館、足利商工会議所、足利まちなか遊学館、いせさき明治館、いせさき銘仙の会、桐生織塾(和田良子・武藤和夫コレクション)、栃木県産業技術支援センター繊維技術支援センター、東京文化財研究所、木村和恵、橋本晴男、(公財)足利市みどりと文化・スポーツ財団、東武鉄道(株)
企画協力|E・V・Eコミュニケーションズグループ株式会社

足利市立美術館 Ashikaga Museum of Art
〒326-0814 栃木県足利市通2丁目14-7
Tel.0284-43-3131

URL:http://vividmeisen.jp

 

***************************

こちらの展覧会にあわせて、カタログが青幻舎さんより出版されました!
色鮮やかな色彩で、銘仙のVIVIDさが、鮮明に表現されています。こちらも是非、チェックしてください!
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-579-7

 

11/19.sat 秋のかんらモーレ!Kanra Amore

フィレンツエ県チェルタルド市の姉妹都市として、30年以上にわたる友好関係を構築してきた群馬県甘楽町。
こちらで、来る19日、甘楽町国際交流振興協会設立30周年を記念し「秋のかんらモーレ(Kanra Amore)」のイベントが行われます!!

甘楽町は、この日、イタリア秋色に染まります!盛りだくさんの内容は次の通りです。


*ピノッキオのガーデンパーティー
 12:30-15:00 @甘楽ふるさと農園
甘楽町でしか手に入らないチェルタルド直送の絶品ワインを片手に、甘楽町の食材をふんだんに使った本格イタリアンをお楽しみいただけるガーデンパーティー。
イタリアで長年の経験をつんだシェフが、甘楽町で腕を振るいます!!

 

*陣内先生講演会「美しき!イタリア〜小さな町の魅力〜」
 15:30-17:00@甘楽ふるさと館もみじの間
イタリア研究の第一人者であり、数々のイタリアの著作で知られるあの陣内秀信先生が、イタリアの魅惑的な町について甘楽町でご講演!!
なぜイタリアは、小さな町が魅力なのか?そこから日本の地方は何が学べるのか?様々なヒントがぎっしり詰まったご講演です。


*子供ワークショップ「ピノッキオのストーリーのその先を考えてみよう!」

 10:00-12:00@古民家かふぇ信州屋
イタリアといえば、ファッションやアートなどの最先端ですが、イタリアの子供達は小さいころから、学校や児童館で豊かな感性教育を学びます。
そう、イタリアは子供たちのアート教育が最先端!そんなメソッドを取り入れた、子供のアートワークショップも同時開催です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この日、秋色にそまる甘楽町の豊かな自然は、トスカーナの丘になります。
皆様是非、お越しください!!

詳細、問い合わせ、予約等は、下記画像2枚目をクリックの上ご確認ください!!

または、日伊櫻の会へお問い合わせください:)!

日伊櫻の会
Tel:   03-3292-2012
Mail: info_ciliegi@nichii-sakura.com


CHA 和(WA) NIGHT vol.3 ~ 夏の宵の祭り ~

CHA 和(WA)  NIGHT vol.3 ~ 夏の宵の祭り ~
7/22 Fri 18:00 OPEN 19:00START-

 

大きくても、小さくても、夢は語っちゃわないと(CHA WA NIGHT)!!!
CHA WA NIGHT(チャワナイト)とは、してみたいこと、やりたいこと、好きなこと、やっていること、知ってもらいたいこと、を語る場です。 ユニークな活動やビジネスをしている人たちにピッチしてもらい、次のステップに繋げたり、新たな繋がりを作ったり、会場にいらっしゃるピッチメンバーやみなさんでディスカッションをします。

また今回は、夏のお祭り気分で楽しんで頂きたく、スタッフ一同浴衣で皆様をお出迎えいたします。イタリア直輸入のワインや、日本酒、おつまみをご用意しております。美味しいお酒を片手に、みなさんと楽しくディスカッションや交流をする場にしたいと思っております。

今回は、「CHA 和(WA) NIGHT」の名前の通り、日本の和文化を取り入れた内容をテーマに、日本の伝統技術や素材に新しい感性を生かした、創作活動・商品展開をしている方々にお話しして頂きます。

また、会の冒頭にて、春に日伊櫻の会が協力致しましたイタリアの櫻視察と、ローマで開催された銘仙展覧会「VIVID MEISEN」展についての、ご報告をさせて頂きます。

◎浴衣でお越しいただいた方!また、今回のテーマである「和」の小物等を身につけていらした方々にはドリンクやおつまみのサービス!もご用意しております。

日本の和、お祭り気分で、夏の宵を盛大に楽しみましょう。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

PITCH MEMBER

1.宇都木由美(ウツギユミ):ウッドビーズ作家
自身が展開する着物に使用する和小物デザイン・制作と、「着物カフェ&日本酒バー」構想について

2.西田類子(ニシダルイコ):PICMENT代表
PICMENTの新商品であるユニークな「手ぬぐい」をご紹介

プロデューサー&ナビゲーター:小椋なつ水(オグラナツミ)
ファシリテーター:野中美木子(ノナカミキコ)

==============================================================

CHA WA NIGHT vol.3              


日時 : 2016 7 22 日(金)  18:00 OPEN 19:00START

会場: レキシズルスペース( 千代田区神田駿河台 3-3 EVEビル 3F ) 

エントランスフィー : 1,500(ワンドリンク付)

ドリンク・おつまみ:500円~

連絡先: TEL 0332932012(直通)  E-mail info_ciliegi@nichii-sakura.com

フィレンツエ・サンドナート公園での櫻植樹式

4月26日(火)の正午、フィレンツエ市の新興開発地区に位置するサンドナート公園にて、本会の30本の櫻の寄贈を記念した植樹式が執り行われました。

(サンドナート公園全景)

この30本の櫻は、昨年2015年の10月にサンドナート公園に植樹された苗木です。もともと、2010年にフィレンツエ市に寄贈しました100本の櫻子たちでしたが、まだ苗木として小さかったこともあり、昨年のサンドナート公園の植樹まで、フィレンツエ市の施設内にて大切に管理され、育てられていました。

E・V・Eコミュニケーションズグループのイタリア現地法人において尽力頂いていた会計士のアルベルト・ペコリ先生、バルバラ先生、またフィレンツエの日伊櫻の会会員であられる中川章子さんのご協力によって、この度、サンドナート公園に植樹される運びとなりました。

植樹式におきましては、フィレンツエ市市長代理として国際交流部門評議員のニコレッタ・マントヴァー二さん、ペコリ先生、そして本会の渡部会長が開幕の挨拶をされました。中川さんが通訳をしてくださいました。



(左側より渡部会長、フィレンツエ市評議員ニコレッタさん、ペコリ先生)

イタリアでの事業を通じたペコリ先生と本会会長のご縁、そこからイタリアへのご恩返しとしての櫻寄贈にいたるまでの経緯について、お話がありました。

また、この度の櫻植樹にあたって、ペコリ先生、バルバラ先生が所属されているフィレンツエのライオンズクラブ・ブルネスキ協会に多大なるご尽力をいただきまして、記念の櫻形の石碑をご作成いただきました。こちらには、本会のスローガンである「夢は必ず叶うもの」という言葉も入れていただきました。
また、この度のセレモニーを記念して、新たに1本の櫻を寄贈し、式に参加した皆さんで植樹しました。


式に参加された方々、パパがイタリア人、ママが日本人のお子様にも土をかけていただきました。

この度の式に多大なるご協力を下さいました、ペコリ先生、バルバラさん、中川さんに改めて御礼申し上げます。
皆様、フィレンツエにご訪問の際は、是非サンドナート公園に足をお運びください。

 

 

 

 

 

VIVID MEISEN展が開幕しました。

「VIVID MEISEN展 la sfavillante moda kimono moderna」(ローマ日本文化会館・足利市立美術館主催)が、先月下旬にローマ日本文化会館で開幕を迎えました。


日本の近代化と共に生まれた着物「銘仙」は、20世紀初頭から半ばまで全国的に大流
行したものですが、近年においても、その鮮やかな色彩、大胆なデザインと技法から、日本国内のみならず各国から関心が寄せられています。
本展では、「銘仙」の中でも特に色彩豊かで自由な表現が見受けられる作品を中心にご紹介することにより、急速な日本社会の変化の中で育まれた銘仙を通じて当時の日本の庶民の活力、日本社会の活気をお伝えすることを目的としています。

本展におきましては、本会は協力という形で参加させていただきました。
開幕日の前日、4月21日(木)に行われたプレス向けの内覧会では、イタリアの主要メディアの方々やアート業界のブロガーの方々から銘仙の時代背景や技術などについて、多くの取材を受けました。


(右側より高須館長(ローマ日本文化会館)、大森館長(足利市立美術館)、新井先生(桐生織塾・繊維技術研究者))


イタリアの主要ニュース番組TG2の取材を受ける大森館長(足利市立美術館)

また4月22日(金)に行われた一般の方々向けの内覧会では、実に70名ほどのイタリアの方々がギャラリートークにご参加くださり、大変熱心に銘仙をご覧くださいました。

また、この展覧会に合わせてデザイナーの前島淳也氏が、E・V・Eコミュニケーションズグループとのコラボレーションワークとして、銘仙生地を使ったオリジナルワーク・銘仙スツール”orico”を発表しました。銘仙のアンティーク生地を使用し、お椀型のスツールを作成しました。こちらも、イタリアの方々から様々な興味深いコメントをいただくことができました。

ギャラリートークの後に講堂にて行われた講演会「モダニズム着物:銘仙の時代とデザイン」(登壇者:大森哲也館長(足利市立美術館)、新井正直氏(桐生織塾))には、会場が満席となる160名ほどのイタリアの方々がお越し下さり、いかに着物文化、銘仙文化がイタリアの方々にとって関心深いものとして存在しているのかが分かりました。

近年、イタリアをはじめヨーロッパでは日本文化が大流行しています。

展示会場であるローマ日本文化会館は、イタリア・ヨーロッパに日本文化を発信する場所として作られましたが、その建築は1962年に吉田五十八が設計した日本建物です。ヨーロッパの石造りの重厚な建築に日本建築が競い合えるようにするためか、一つ一つの柱も太く、天井も広い、巨大な空間となっています。
また、その建築に並んで日本庭園が広がっていますが、こちらは中島健によって設計されたとのことです。

実は今、この庭園見学がローマっこだけでなく、イタリアで大流行しているのです。
展示の準備期間中も、朝からひっきりなしにイタリア人の方々がローマ日本文化会館を訪れますが、その方々は庭園見学を予約された方々だそうで、いかに日本文化が注目されているのかを痛感しました。
こうした日本文化が今熱い視線で世界から注目を集める中で、VIVIDで、かつ前衛的なモダンな着物銘仙を海外で初めてきちんと紹介する展覧会となりましたが、本展覧会がいかにイタリアの方々に受け取られ、どのような反応を引き起こすのか、興味深く、今後とも継続的に調査していく所存です。

皆様、ローマにお出での際は、6月4日まで開催されているローマ日本文化会館・VIVID MEISEN展に、是非お越しください。

VIVID MEISEN   La sfavillante moda kimono moderna 
22 aprile- 4 Giugno 2016

Organizzazione: Istituto Giapponese di Cultura in Roma, Ashikaga Museum of Art
Supporto: città di Ashikaga, Isesaki e Chichibu con Ashikaga Textile Association, Chichibu Meisen Association
Collaborazione: Collaborazione: Laboratorio tessile Kiryu(Yoshiko I. Wada Collection e Kazuo Muto Collection), Haruo Hashimoto, Kazue Kimura, Associazione dei ciliegi italo-giapponese.
Planning: E・V・E Communications Group Co. Ltd.

Giappone anni 20: nasce il kimomo prêt-à-porter, di fattura meisen tinto in filo, che fa bella mostra di sé nelle vetrine dei grandi magazzini, per la donna moderna, che non ha paura di osare indossando colori e motivi dirompenti, in auge fino agli anni Cinquanta e oggi oggetto di rinnovato interesse.

ローマ日本文化開館 VIVID MEISEN展HP
http://www.jfroma.it/index.php?option=com_content&view=article&id=343:vivid-meisen&catid=1:mostre&Itemid=150&lang=ja